AGA治療体験記

薄毛治療の病院体験

大阪府の某AGA治療の病院へ通っていた体験談です。
私は30歳くらいから髪が薄くなりはじめ、大変悩んでいました。
症状は頭頂部とM字の薄毛。
合わせ鏡で頭を見ては鳥肌が立つ毎日を送っていました。
市販の育毛剤を買っては試し、買っては試しを繰り返していましたが
薄毛の進行は止まらず、次第にひどくなっていきました。

 

ある日、ネットでその病院のホームページを見かけました。
そこには頭頂部がかなり回復した写真が多数掲載されていて本当に希望の光を見つけたような気がしました。
そして時間を見つけては調査調査。
しかし実際に行ってみようという勇気はなかなか出ませんでした。
近所ならまだしも新幹線で1時間くらいかけないと行けない距離で、お金もそれほどあるわけでもなく、「行ってみたいな」とか「行ったら生えるのかも」という想像ばかりで日々が過ぎていくのですが、それでも一度病院へ行ってみようという気持ちを徐々に固めていきました。

 

思い切って病院へ

あるとき思い切ってメールを送ってみました。
そして病院へ行く決意をしました。
このまま悩んでいてもなにも変わらないし、とにかく薄毛を解消したいという気持ちが強かったのです。
新幹線で大阪へ向かいました。

 

病院に入ってもずっと不安でした。
誰でも病院は好きではないですよね。
できればお世話にならないのが一番いいのですが・・・。
簡単な問診を受けて、検査、これはこの先投薬治療を行なえるかどうか体質の検査でした。
ついでにオプションの遺伝子検査を受けてみましたがこれはあまり意味がなかったように思います。
結果が出た所で何も変わらないし、「すでに薄毛になっている」という事実があるに過ぎないからです。
検査の結果は投薬治療OKで、プロペシアとミノキシジルを服用していくことになりました。
=>次へ プロペシアとミノキシジル